荒井千裕の死因はワクチン副反応(コロナ)?後遺症に悩まされていた全記録!

荒井千裕・死因
スポンサーリンク

ピアニストとして有名で活躍されていた荒井千裕さん。

2022年9月15日に亡くなられていたことが公式ホームページで伝えられました。

まだ57歳という若さでした。

死因についての詳しい情報は公表されていません。

そこで今回は、新井千尋さんについて

  • 荒井千裕の死因はワクチン副反応(コロナ)?
  • 後遺症に悩まされていた全記録

この2つに注目してお届けしていきます。

それでは早速、本題に入っていきましょう。

           
スポンサーリンク
目次

荒井千裕の死因はワクチン副反応(コロナ)?

荒井千裕さんは、2022年9月15日に亡くなれました。

まだ57歳という若さでした。

死因についての詳しい情報は公表されていません。

ですが、

荒井千裕さんは3回目のモデルナワクチン接種後から副反応により体調不良が続いていた

ということです。

荒井千裕さんに持病があったのか調べてみまいたが、持病に関する情報は見当たりませんでした。

そして、

亡くなる直前までワクチンの後遺症による闘病の様子をツイートされていた

ということで気になります。

続いて詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

荒井千裕がワクチン(コロナ)後遺症に悩まされていた全記録

荒井千裕さんは、3回目のモデルナワクチン接種後から、亡くなる直前までワクチンの後遺症に苦しんでいました。

闘病の様子をツイートされていましたので、順を追ってご紹介していきます。

荒井千裕さんは、4月23日に3回目のワクチン接種でモデルナ製ワクチンを接種しています。

ワクチン接種から2時間後には発熱。

ワクチン接種5日の10時に、朝にはなかった赤斑が現れます。

5月には、歩行困難な状態になってしまいました。

6月は、歩くリハビリをがんばっている様子をツイートされています。

ワクチン接種後から4ケ月、左足の付け根に激痛が走り、歩くのも寝返り困難な状態。座るのは背骨が傷むので、20分ぐらいが限界の状態でした。

同じ、ワクチン接種後から4ケ月には体重が7キロも減ってしまったそうです。

8 月の末には少し食欲も出てきましたが、2日に1回の割合で戻してしまっています。これはワクチン接種後の後遺症の1つだと語っており、1日3食はまだ無理とツイートされています。

9月の中旬には、さらに歩けなくなってしまい、体重はさらに5キロも減少。保健所と電話面談をすることになります

翌日、保健所と電話面談をしますが、ワクチン後遺症の話をしても伝わらないと嘆いています。

ですが、2022年9月15日に亡くなられてしまいました。

ツイートを見ると、ワクチン接種後から亡くなるまでの5ケ月間、後遺症に悩まされ大変な生活を送っていたことが伺えます。

荒井千裕さんのご冥福をお祈りいたします。

死因については、今後詳しい発表があるかもしれません。

情報が入り次第、追記していきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる